カメラマンの私の仕事や日常を綴ったブログです。


by abkcrappy6
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

<雑記帳>スピードの加藤選手の母校 センバツに初出場(毎日新聞)
訃報 南方英二さん77歳=チャンバラトリオのメンバー(毎日新聞)
<君が代不起立訴訟>再雇用取り消し 2審も元教員側敗訴(毎日新聞)
血痕が点々1キロ…容疑者宅特定し退院後逮捕(読売新聞)
<五輪スノーボード>神戸に恩返し 震災被災の家根谷選手(毎日新聞)
[PR]
# by abkcrappy6 | 2010-03-02 09:54
 原発性胆汁性肝硬変(PBC)で半年後の生存率が50%とされ、米国での生体肝移植を希望する岐阜県各務原市の小学校教諭浅野彰さん(42)の妻や支援者らが23日、同市内で記者会見し、手術費などの募金を呼び掛けた。目標額は7500万円。
 浅野さんは11年前にPBCであることが判明。入退院を繰り返しながら教壇に立ってきたが、肝性脳症の症状が出始め、昨年9月から休職を強いられた。胆汁がうまく体内に運ばれない障害のため、生体肝移植しか治療法はないという。
 会見した「浅野彰先生を救う会」の丹野憲一代表(41)は「子どもたちに楽しく勉強させることができる先生で、何とかもう一度教壇へ立ってもらいたい」と訴えた。 

【関連ニュース】
余命半年、14歳少女に心臓移植を=両親や主治医、募金呼び掛け
渡米移植の募金呼び掛け=拡張型心筋症の6歳女児
難病の女児、募金呼び掛け=臓器移植で渡米希望

自民、参院選で元プロ野球の石井氏ら6人公認(産経新聞)
夫婦別姓の民法改正案、子の姓は統一…概要提示(読売新聞)
<火災>高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)
社民・福島党首、普天間の5月末期限は「二次的なもの」(産経新聞)
中学生4人お手柄、火災民家から女児2人を救う 大津(産経新聞)
[PR]
# by abkcrappy6 | 2010-02-28 18:11
 保守勢力の再結集を掲げる議員連盟「創生『日本』」(会長・安倍晋三元首相)は19日、自民党本部で会合を開き、政府が検討する選択的夫婦別姓導入を含む民法改正案について協議。「悪影響が大きい」との意見が大勢を占めた。

 弁護士出身の稲田朋美衆院議員は「外観から婚姻届を出した夫婦なのか、内縁なのか、違法な重婚関係なのか分からなくなる」などと指摘した。一方、高市早苗元沖縄・北方担当相がまとめた、婚姻前の姓を通称として戸籍に記録できるようにする戸籍法改正案については「分かりやすい」との声も出た。

【関連記事】
首相発言「大きな後押し」 夫婦別姓で法相
どうなる?選択的夫婦別姓 千葉法相は前向き 亀井担当相は反対
鳩山首相、人権侵害救済法案の早期提出表明 言論統制の危険性も
消えた結婚指輪の暗示 近づく男女逆転の日
首相「日教組に選挙応援の自由ある」 参院予算委

<霊長類>半数、300種が絶滅の危機(毎日新聞)
佐藤医療課長「DPCも競争の時代に」(医療介護CBニュース)
新作用機序のがん治療薬の独占開発・販売でライセンス契約―中外(医療介護CBニュース)
「エヴァ」限定携帯、競売で詐取の夫婦逮捕(産経新聞)
ストックオプション 相次ぐ脱税摘発 東京国税局、元シティ在日幹部を告発(産経新聞)
[PR]
# by abkcrappy6 | 2010-02-26 18:41
 円山動物園(札幌市)で人気の双子のホッキョクグマの「イコロ」と「キロル」(いずれもオス、1歳)が、おびひろ動物園(帯広市)に貸し出されるのを前に20日、「送る会」が開かれた。屋外展示施設の前には約500人の来園者が集まり、別れを惜しんだ。

 貸し出しは、希少動物のホッキョクグマを効果的に繁殖させようと、道内主要4動物園でクマを移動させる計画の一環として行われる。この日、2頭はプレゼントされたポリタンクでじゃれながら愛らしい姿をみせていた。

 酒井裕司園長は「きょうは2頭を快く送り出したい。帯広でも元気に育ってほしい」と述べた。

 2頭は21日に帯広に向けて円山動物園を出発する。

高級スポーツ車窃盗団、ネットで部品販売(読売新聞)
次官→局長は「減給」、国家戦略相が強調(読売新聞)
児童虐待いち早く察知 相談事例をデータベース化 大阪府警(産経新聞)
「1Q84」続編、1万冊予約に最速12日間(読売新聞)
<首都圏・雪>首都高新都心線で一部通行止め(毎日新聞)
[PR]
# by abkcrappy6 | 2010-02-25 17:25
 問2 天皇陛下はご即位20年に際しての記者会見で、将来の皇室の在り方について、皇太子さまと秋篠宮さまの考えが尊重されることが重要と述べられました。秋篠宮さまも誕生日の記者会見で、将来、その当事者となる皇太子さまと秋篠宮さまの意見を聞く過程が必要と語り、皇太子さまと話し合う機会を作りたいとの考えを示されました。その後、そうした機会はありましたでしょうか。今後、皇族方の数が少なくなるなどの現状も踏まえ、将来の皇室のあり方について殿下のお考えをお聞かせください。

 皇太子さま 天皇陛下のおっしゃっておられることを真剣に受け止めております。秋篠宮とはさまざまな事柄について話し合う機会がありますし、今後ともそのような機会を持つことになると思います。

 将来の皇室の在り方についての私の考えは、前の質問とも関係しますが、その時代時代で新しい風が吹くように、皇室の在り方もその時代時代によって変わってきていると思います。過去からさまざまなことを学びながら将来の皇室の在り方を追い求めていきたいと考えています。

 なお、ご質問のような皇室の制度面の事柄については私が言及することは控えたいと思います。

政調復活論牽制へ 「コアメンバー制度」 (産経新聞)
JR語呂合わせ乗車券好評、次は「めでたいのう」 22.2.22記念(産経新聞)
普天間移設 シュワブ陸上部案 「最も現実的」…脚光(産経新聞)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(5)共生できるか「外国人労働者」(産経新聞)
山下棋聖が勝ち、1勝3敗に…棋聖戦第4局(読売新聞)
[PR]
# by abkcrappy6 | 2010-02-24 09:49